Amazonギフト券 現金化 | 高換金率で換金可能なamazonギフト券のタイプを知っていますか?

Amazonギフト券現金化はEメールタイプを購入すべし!

世界最大のオンラインショッピングサイト、Amazonで利用できるギフトカードAmazonギフト券。

Amazonギフト券と言っても、近年は続々と新しい電子ギフト券が登場しているので、換金率の高いギフト券を選ばないと損をしてしまいます。

今回の記事では換金率の高いギフト券のタイプを紹介します。

ぜひ最後までご覧ください。

電子ギフト券のタイプは?

買取サイトで取り扱いのある電子ギフト券は、それぞれの買取サイトによって異なりますが、優良買取サイトで取り扱いがあるのは以下のギフト券です。

  1. Amazonギフト券
  2. iTunesカード
  3. Googleplayカード
  4. 楽天ポイントギフトカード
  5. nanacoギフトカード
  6. 任天堂プリペイドカード
  7. LINEプリペイドカード
  8. PSNカード
  9. WebMoneyギフトカード

上記のギフト券以外が全て買取不可というわけではありませんが、ご紹介している買取サイトや他の買取サイトで取り扱いが多いのは以上のギフト券です。

その中でも特に注目したいギフト券は、以下になります。

  • Amazonギフト券
  • iTunesカード
  • Googleplayカード
  • 楽天ポイントギフトカード
  • nanacoギフトカード

上記5つのギフト券は、ギフト券買取サイトで買取してもらうと、概ね高い換金率を実現することが可能です。

1番おすすめのギフト券はAmazonギフト券

買取サイトを利用して電子ギフト券を換金するときに、もっとも高い換金率を実現できるのはAmazonギフト券です。

Amazonギフト券は、今でもたくさんの方に利用されているギフト券です。

Amazonを利用して買い物をしている人が多いことに加えて、Amazonギフト券の需要はいつでも高い状態です。

多くの人が利用したいと思っているAmazonギフト券は1番換金率の高い電子ギフト券です。

また、Amazonギフト券は90%以上の高い換金率で現金化できる数少ないギフト券です。

iTunesカードやGooglePlayカードも高い換金率を実現できます

iTunesストアを利用している方が使うiTunesカード、GooglePlayストアを利用する方が使うGooglePlayカードも換金率は高い傾向にあります。

これらのギフトカードも利用している人が多いこととに加え、コンビニなどで気軽に手に入れることが可能になった部分もあり、換金する方が増えているため、70%〜80%程度の換金率で取引されています。

ただ、Amazonギフト券に比べると、利用出来る範囲が限定されている点や、買い物などで利用するというよりはアプリ課金やデジタルコンテンツの購入などがメインという点で、利用者がAmazonギフト券に比べて少ないといったデメリットがあります。

Amazonギフト券はその他の電子ギフト券よりも需要が高く、換金率は高い傾向にあります。

JCBなどのギフト券よりもAmazonギフト券

JCBギフト券など、金券ショップで利用できる金券も多く換金されていますが、近年は商品券の換金行為には規制が入った影響もあり、クレジットカードでの購入が出来なくなりました。

クレジットカードで購入が出来たとしても、額面よりも高い金額で販売されていますから、割高になります。

そのため、実質手にできる現金が多いのはAmazonギフト券ということになります。

換金率の高いギフト券が欲しいなら、Amazonギフト券を選ぶようにしましょう。

Amazonギフト券現金化をするにはAmazonギフト券の額面も重要事項になります。

大きな金額のAmazonギフト券なら、非常に高い換金率で現金を得られるでしょう。

1枚でも額面の大きなAmazonギフト券は、比較的換金率が高いうえに、低い額面のAmazonギフト券より高い換金率になる傾向があります。

昔から利用されているギフト券よりも、多くの人に使われるAmazonギフト券を使った現金化のほうが、現在は安定した高い換金率の現金化を実現できます