クレカ現金化のトラブルの事例と対策方法をご紹介!注意すれば現金化は簡単に出来ます

クレカ現金化の注意点を理解して納得の現金化を目指す!

クレカ現金化は、現金化を専門にしている業者を使わずにご自身でやる事も出来ます。

クレジットカードで商品を購入して、転売する方法が有効とされています。

転売するだけで現金化は出来るのはメリットですが、換金率が低くなってしまったり、手間がかかるというデメリットもあります。

何も情報収集をせずに個人でクレジットカード現金化をするのは少し損をしてしまう可能性もあります。

最近では、クレカ現金化を専門に扱う業者の数も相当数存在しています。

クレカ現金化は、専門店にお願いすれば早いところでは数分でお金を受け取る事もできますが、何かとトラブルが起こりやすいのです。

そんな時のためにクレカ現金化に関するトラブルの対処法を知っておくと、より安心して現金化を行えるかもしれません。

現金化に関連するトラブル

クレカ現金化で一番大きなトラブルは、手数料が高額だったことに後から気づくことです。

クレジットカードで現金化を行う場合は、手数料を請求される場合があります。

1割くらいの手数料ならいいですが、中には2割近い手数料を取られてしまい、求めていた金額に満たないような現金化が実施されることもあります。

現金化業者は、手数料を差し引いた金額をホームページ上で掲載したり、電話で説明しています。

説明されている手数料や換金率についてしっかり聞いていなかった事で手数料が高いことに気づかなかったという方も多く、トラブルが起こりやすくなります。

他にも、クレジットカード決済したのに振込が実施されない、クレジットカードの支払いがリボ払いになっておらず、一括で金額を請求されてしまったなどのトラブルもあります。

1つ1つのトラブルの概要を理解しておかないと現金化をうまく成功させることができません。

クレカ現金化トラブルの対処法

クレカ現金化を実施していく時、対処する方法をしっかり覚えておきましょう。

先に対策のできることが多ければ多いほど、トラブルが起きたときにも安心して対処できます。

手数料の問題を解決するには?

一番多い手数料の問題は、事前にクレジットカード現金化の業者に問い合わせをする、もしくはホームページで確認する作業を行ってください。

手数料が言われたさものと異なっている場合は、必ず問い合わせで違うことを説明して、差額をもらうようにしましょう。

クレジットカードは、リボ払いを伝えて、最初からリボ払いに設定することも忘れないでください。

一括払いで支払えない時でもリボ払いに切り替えておけば大丈夫です。

先にクレジットカードのリボ払いを設定してください。

クレカ現金化トラブルはちょっとした余裕で解決

具体的な方法ではありませんが、現金化までなるべく余裕を持って申し込みを検討すると良いかもしれません。

気持ちの余裕を持っているだけで、現金化のトラブルは事前に対処できます。

すぐにでも現金にしないと駄目だという状態だと、良い現金化業者に出会う前にタイムリミットがきてしまう可能性もあります。

リボ払いの設定とホームページなどの確認で、クレジットカード現金化は確実に成功できます。

安心の即日現金化クレカ現金化優良店 ゼロスタイル

クレカ現金化優良店ゼロスタイル

ゼロスタイル現金化情報

換金率 最大99.2%
入金速度 最短15分
営業時間 年中無休
特記 3つのゼロで高い換金率を実現

即金でお金を手にするなら現金化優良店 インパクト

クレカ現金化優良店インパクト

インパクト現金化情報

換金率 最大95%
入金速度 最短5分
営業時間 年中無休
特記 換金率アップキャンペーン中

おひさまクレジット

クレカ現金化優良店 おひさまクレジット

おひさまクレジット現金化情報

換金率 最大98%
入金速度 最短15分
営業時間 年中無休
特記 換金率UPキャンペーン実施中

どんなときもクレジット

どんなときも。クレジットでカード現金化

どんなときもクレジット現金化情報

換金率 最大98%
入金速度 最短10分
営業時間 年中無休
特記 24時間365日即日振込可