Amazonのアカウントにある残高は現金に戻せる? | Amazonギフト券の残高を現金化するおすすめの2つの方法

アカウントに登録済みのAmazonギフト券の換金方法をご紹介します

世界最大のショッピングサイトAmazonで利用できるギフトカードといえば、皆さんご存知のAmazonギフト券です。

Amazonのアカウントに登録する前のや、Eメールタイプのコードは買取サイトで換金することが出来るのはご存知の方も多いと思います。

では、Amazonギフト券を自身のアカウントに登録した残高は換金する事は出来るのでしょうか?

今回の記事はチャージ済みのAmazonギフト券を換金できる方法に迫りたいと思います。

最後までご覧ください。

チャージ済みのAmazonギフト券を換金する方法

アカウントにチャージ済みのAmazonギフト券を換金したい場合には2つの方法があります。

  1. 買取サイトでアカウントの残高を換金する方法
  2. 違う商品券を購入して金券ショップや買取サイトを利用して換金する方法

この2つの換金方法が、高い換金率で換金できる方法です。

1つ目の換金方法

1つ目の換金方法です。

いくつかの買取サイトはAmazonギフト券に残っている残高を直接買取することはしませんが、指定する商品を購入させその商品を買取する形で、現金化してくれます。

買取してくれる商品の一覧は、電話か問い合わせフォームより問い合わせると会員登録後、指定する商品内容を教えてくれます。

その商品をまずはご自身の自宅に届けてもらいます。

その後、買取サイトの指定する住所に送ることで換金の手続きに進みます。

ギフト券の換金に比べると少し手間がかかりますね。

大きな金額を換金したい場合には、向いているかもしれません。

気になる換金率は85%前後になっています。買取サイトによってはこのサービスは行なっていないので買取サイトのHPで確認して下さい。

2つ目の換金方法

2つ目の換金方法のご紹介です。

チャージされているAmazonギフト券と同じ額面だけ別の商品券を購入して金券ショップや買取サイトを利用して換金する方法です。

著者が調査した結果、高い換金率を実現できるAmazonのショッピングサイトで購入が可能な商品券は以下の通りです。

  • 楽天ポイントギフトカード
  • JCBプレモカード

この2つのギフト券のどちらかをAmazonで購入して買取サイトで換金すると90%の換金率で換金することが出来ます。

最近ではオンラインサイトで商品券を購入する場合には、額面よりも高い金額で売られています。

楽天ポイントギフトカードであれば額面10,000円分の場合は11,000円前後、nanacoギフトカードであれば額面10,000円分の場合は11,500円前後で販売されています。

万が一Amazonギフト券をチャージしてしまった場合には、楽天ポイントギフトカードとJCBプレモカードは買取サイトで90%近い換金率で換金できるので、どちらかのギフトカードを購入して換金すると良いでしょう。

まとめ Amazonのアカウントにある残高は現金に戻せる? | Amazonギフト券の残高を現金化するおすすめの2つの方法

今回は、現金化を行う際にAmazonギフト券の種類を間違えたり、チャージタイプのAmazonギフト券を購入してしまった時の対処法をご紹介させていただきました。

意外かもしれませんが、現金化を考えていてAmazonギフト券の種類を間違えてチャージタイプしてしまい、困ってしまったという方は多いようです。

しかし、チャージ済みのAmazonギフト券で楽天ポイントギフトカードやnanacoギフトカードを購入して換金すれば、実質80%以上の換金率でAmazonギフト券の残高を換金することが出来ます。

ご自身に合う方法でAmazonギフト券の残高を換金してください。