ギフト券買取サイトで1万円未満の買取は換金率が下がる傾向にあります

Amazonギフト券の現金化では基本的に1万円以上出ないと最高換金率になりません

Amazonギフト券を現金化しようと考えた場合、1万円未満のAmazonギフト券を買取に出してしまうと、換金率が低くなるかもしれません。

高い換金率を実現しようと考えた場合、Amazonギフト券の現金化の場合は、1万円以上のギフト券を換金してもらうようにして下さい。

額面が10,000円以下のAmazonギフト券の場合、換金率は80%前後になってしまいます。

これでは、不要なAmazonギフト券だっとしても、もったいないですね。

1万円未満のギフト券は換金率が安い

1万円未満のAmazonギフト券は、換金率が非常に低くなるので注意してください。

前述の通り、10,000円以下のAmazonギフト券の場合は80%を下回るような換金率を提示してくる買取サイトもあるくらいです。

1万円以上のギフト券を現金化すれば、高い換金率で現金化することが可能です。

Amazonギフト券を換金する際には、換金率を考えれば1万円以上が必要であり、Amazonギフト券で多くの現金を得たいと思っているなら、できる限り大きな金額で換金することが理想的です。

金券ショップで換金率が下がるケース

Amazonギフト券を換金する際に換金率が下がってしまうケースは他にもあります。

金券ショップにカードタイプのAmazonギフト券を持ち込む際に注意したいポイントとしては、スクラッチの部分などを削らないようにするということです。

スクラッチの部分を削ってしまうと、買取価格が安くなり、低い換金率どころか買取不可になる可能性もあります。

理由は、未使用品と判断されないためです。

Amazonギフト券の場合は、スクラッチで削る部分があります。

スクラッチの部分が削れていると、既に利用されていると判断されますし、買取業者が後で販売する際に少し安い価格で売りに出さなければならないという事情もありあます。

スクラッチがついているカード、テープによってコードを隠している部分には手を付けないでください。

現金化を行う際は、未使用品と判断されない限り、高い換金率は期待できません。

買取サイトで換金率が下がるは1万円未満のギフト券の買取です まとめ

買取サイトを選ぶ際には複数の買取サイトでAmazonギフト券の換金率を調べておくことが必須となります。

換金率が高いとされている買取サイトよりも、換金率が低い買取業者のほうが積極的に宣伝を行っている場合もあるので、高い換金率の買取業者を事前にリサーチしておくことも大切です。

買取サイトの場合は、換金率が高まるキャンペーンを行っているので、こまめにチェックすることでさらに換金率を上げることができると思います。

この記事をご覧いただき、ありがとうございました。